こちらは、絵画制作、販売を主な業務としている「大和絵所(やまとえどころ)ふくふで」のホームページです。

主宰を務める大和絵師・中沢梓の制作の様子、思いを綴ったブログを始め、オーダー、商品、展示のご案内をしております。

絵の芸術性だけではなく、「飾りたい」「贈りたい」「使いたい」と思っていただけるような創意工夫をモットーとし、

皆様の暮らしをより豊かに彩るお手伝いをさせていただきます。

 

 

!生活応援! ふくふでプロジェクト

大和絵を身近に感じていただこうと始まった「ふくふでプロジェクト」。

こちら、とても可愛らしいハート型の桐小箱は

「へその緒入れ」となっております。(アクセサリー入れとしてもお使いいただけます。) 

※詳細は「桐箱絵付け(へその緒入)」ページをご覧ください。

 

  <ハート型桐小箱絵付け> (寸法 横80mm×縦50mm)      

 ¥4,500,-(税・送料別)

 

注:こちらは基本的に受注生産となっております。

 最短で制作期間を一か月間頂いておりますのでご了承ください。

 

  



・近況

やまのさち

うり坊を描きましたよ~(^^)

年賀状用ということで、ちっちゃなF0サイズです。

 

以前、千葉県のいすみ市で展示をした際に、移動中の車のなかから猪のつがいを目撃したことがあります。 楽しそうに(?)駆け回る2頭・・・ でもこれ、地元の人にしたら絶対遭遇したくないようなちょっと怖い状態なんだろうな・・・と思いました。

 

タイトルは「やまのさち」 猪目線でいうとちょっとブラックジョークなタイトルなのですが・・・(^^;) いろんな山菜とともに、自然の恵みへの感謝の気持ちを込めて描きました。山菜、美味しいですよね・・・ 父の田舎が新潟で、遊びにいくとたくさん食べさせてもらいました。特に、絶品だったのはゼンマイとタケノコの煮物! 手間ひまかかった御馳走を、本当におしみなく、頂いていたのです・・・。 

 

また、猪ですが、高校時代、合宿にいくと、宿のおじさんが猟で獲れたぼたん肉をふるまってくれて、BBQしていました。

これもまた、すごい経験ですね。 こんな理由から私にとっては猪=山の幸なのです。 

 

描きながら、うり坊の可愛さにうっとり・・・♡ なんて愛らしいしましま。

 

こちらの作品は今月19日からはじまる「~おめでたいアート展~干支☆エトセトラ」(伊勢丹新宿本店5階アートギャラリー)にて

展示致します。ほかにも数点出品しております。 師走の忙しい時期ですが、お立ち寄りいただけましたら幸いです。

詳細は展示予定をご覧ください。 

 

さぁ、年内締め切りもあとちょっと! もうひとふんばりです。

 

 

初!!プレゼント企画(進行中)

今回はツイッターでの活動について綴りたいと思います。

 

もともと大のSNS否定派だった私は、つい去年までガラケーを

使っておりました。ガラケーなら、SNSをやりにくいからという理由で・・・

なぜ否定していたかといいますと、

SNSに時間や思考を支配されてしまうことを漠然と恐れていたのです。

しかし!せっかく描いた作品達を、もっと多くの人に知ってもらいと思い、スマホに移行してから本格的にSNSでの広報に力を入れており現在に至ります。 

ツイッターを日々の活動に取り入れる中で、思いもよらぬ反応を多々頂きました。 

何より嬉しかったのは、私のフォローをしてくださっている方々が、とても親切に接してくださり、また創作活動というものに対して理解を示し、たくさんの感想を寄せてくださったことです。 今のところ、なんとなく恐れていた「攻撃」や「炎上」というものとは無縁の楽しいツイッターライフを送らせていただいております。 (^^)  

 今年二月から一念発起して熱心に活動を続けたところ、フォロワーさんが2500人を超えました。地道にやってきたのでとても嬉しいです。 ツイッターでは、季節やトレンドにあわせた作品画像をアップしたり、展示の告知をしたり、はたまた日々のでき事、たとえば「猫」のこと、夫が世話している「水槽」のことについて呟いたりと、本ブログよりもよっぽどブログらしいという本末転倒が起きております(苦笑)

 

 もしツイッターのアカウントをお持ちの方、ツイッターはしていないけど空いた時間に覗いてみてもいいかな、と思われる方がいらっしゃいましたら、是非ご覧ください。

 

 ☆中沢 梓 大和絵師のツイッターはこちら★ ←クリック!!

 

 また、ツイッター開始から一周年を記念しまして、感謝の気持ちを込めてツイッター限定!!プレゼント企画を

実施したいと思います。何をプレゼントするかはこれから考えます・・・(^v^)♡

ではでは、良いお年を・・・!!

 

 

 

 

 

長野旅行と展示

御無沙汰しております、中沢です。

この何週間かはいろんなことがありました・・・

松坂屋名古屋店での催事で、初めて販売スタッフをやらせていただきました。もともと大のアートファンなので、いろんな方とたくさんお話させていただいて、自分でいうのもなんですが、

とても生き生きとしていたと思います。やっぱり、アートは楽しい!

私自身は大和絵を描いていますが、皆さん、それぞれいろんな思いを込めて制作しているんだな~と改めて思いました。

 

その直後、急きょ家族旅行にいくことになり、

蓼科→美ヶ原→松本と自然を体験したりと良い時間をすごしました。

大学時代(もう10年前)友人達と訪れた八島湿原。

広い湿原がいきなり霧に包まれ、1メートル先が見えない世界。

恐ろしさと、自然の美しさを強烈に感じた体験が忘れられず、

今回は家族で訪れました。

都会育ちの子供達に、いつもと違う何かを感じてもらえたら嬉しいな・・・。 八島湿原はとても広いので、入口から20分ほど歩いたところで引き返しましたが、「楽しかった(5歳)」「コワカッタ(2歳)」それぞれ何かを感じてくれたようです。松本では美味しいおそばも食べて、悔いなしです。

 

 さて、展示についてですが、すでに八犬堂様にて「DOG OR NOT~犬か、犬じゃないのか」展が始まっております。

 犬作品を2点、描き下ろしましたので、ご覧くださいませ。たくさんの DOG OR NOTが皆様をお待ちしております。

 ☆展示詳細はこちらです。

 

 年末まで締め切りが目白押し・・・走り抜けます・・・!!

 いよいよ寒くなって参りました。皆様どうぞご自愛ください。

 

 

 

 

 

 


日本の心を継ぐ・繋げる・伝える現代の大和絵制作所

「さまざまな文化の入り混じる世界に飛び立つからこそ」

 世界がテレビ画面やスマートフォンを通して近くなっている今、これからの子供たちはより国際的な感覚を持つようになっていくことと思います。 いろいろな国の人とコミュニケーションをとるとき、「日本人」としての自分の存在か浮き彫りになる経験をたくさんしていくことでしょう。 そうした時、大事なのは、「日本の情緒を尊び、文化を誇りに思うこと」であると私は考えます。そうであればこそ、相手の文化を尊重し、譲り合い、知らない土地でもしっかりと自分の足で歩くことができるのだと。

 大和絵所ふくふでにおいては、日本的な情緒を大切にした現代絵画を発表し、皆様のお手元にとどける活動を続けております。

長い時間をかけて日本の風土に育まれ、受け継がれてきた日本人の精神性や表現美が大和絵には凝縮されています。

日本の美しさ・力強さを伝えていく役割の一端を担い、子供たちの未来のためにこれからも一所懸命、尽力して参ります。