飾ってみました。

明後日より「アートのチカラ 発表展」が

始まります。

 

今回は「蓮」をキーワードに

絵本を描くような気持ちで制作しました。

蓮の上に住む大きな存在、

蓮の下に住む小さな存在。

 

太古の昔から現在まで、歴史は続いてきて

いろんな生き物がうごめいている。そして悲しい出来事も・・・残念ながら起きてしまう。

時間が経ったら、歴史の一部になって、そのことに涙する人もいなくなる。

残酷なようでもあり、でも一方で、

時の流れが癒してもくれる。 そこには新しい命も生まれる。 

 

喜びも、悲しみも、この地球に生きていればこそ感じられるもの。

どうしようもない不条理に巻き込まれたとき、人はどうやってその運命を

受け入れ、乗り越えていくのか。  どうしようもない怒りを、

いったいどこにぶつければいいのか。

私には答えは浮かびませんでした。

今も考え中です。

 

でも、ひとつひとつの美しい瞬間、その一時を絵にして繋げることで、

いつかは答えのようなものを導きだせたらいいな・・・

と思いました。

 

足をお運びいただき、作品を観て何かを感じていただけましたら光栄です。

どうぞよろしくお願いいたします。