出雲阿国

もう三年ほど前になりますが、歴史上人物

「出雲阿国」(いずものおくに)に惹かれて、

安土桃山時代の絵を描いていました。

 

この時代の庶民の着物をみていると、着物の前を

併せてさっと帯で締めています。

今でいう旅館に置いてある浴衣の着方です。

 

色んな変遷があって今に至りますが、

現代ではとにかくきっちり着ていますよね。

美しいけど、動きにくいなぁ~と思ってしまいます。

もっとこんな時代のように、普段着としてちゃちゃっと着ることができたなら・・・いいなぁ~

楽しそうだな。 なんて思いながら描いていました。

 

それと舞妓さんのように、お座敷ではおひきずりをしていいことにしたら、かっこいいのになぁ~とか。

 

ちなみに、当ホームページの背景にスライドでご覧いただいているのは

2014年に制作した巻物「踊らにゃそんそん絵巻」です。(15cm×200cm/紙本着彩・箔)

 

♪踊る阿呆に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃそんそん♪

 

どちらかといえば、私は間違いなく踊る阿呆の方ですので、

絵中の人物たちの踊りに参加したい気持ちで描いていました。

 

安土桃山時代は、染色の技術が発達して、華やかな着物が登場しました。

今では幻といわれる「辻が花」という技法により、絞りを随所にちりばめた超ゴージャスな

着物が流行したそうです。 

 出雲阿国が「伊達男」に扮してまげを結ったことで、その粋な美しさが遊女の間で大流行し、

その後の女性の髪形(髷/まげ)に大きな影響を与えました。

 男装の麗人ってやつですね~ 

魅力的な題材です(^v^)♪