徒然なる展望と振り返り

すっかり御無沙汰しておりました。 9月の二人展からもう一カ月も経ってしまったようです。

もともと機械が苦手なので、一か月もブログ更新を怠っておりました。

またここよりは、新たな気持ちで手を動かして参りたいと思います。

 

さて、一か月前にはなんにもなかった来年の予定が一気に埋まり、やる気スイッチがONされました。

3月にながの東急4人展、5月に伊勢丹浦和4人展、そして秋に個展をやらせていただくお話を頂いており、

はやくも一年先に向けて「何描こうかな・・・どんな展示にしたいかな(ワクワク、ソワソワ)」

間違いなく睡眠を削る日々が始まるというのに、作家というは想像力があるのだかないのだか

わかりません。  つらいけど楽しい、幸せなことだと思います。

 

また、今年4月から始めた大和絵普及作戦 「ふくふでプロジェクト(仮称)」、

端的にいいますと桐箱をはじめとした日用小物に絵を描いて、大和絵を生活に馴染ませちゃおうという

草の根活動でございますが、こちらがじわりじわりと認識頂いており、とっても嬉しいのです。

皆様の想いを納める桐箱達、心を込めて、楽しく制作して参りますね・・・!(^^)

 

作家活動を始めてから10年経ちましたが、私の内外で変化したこともたくさんありました。

自分の外側の変化でいうと、出産したこと。このことは予想していた以上に私の生活を変えました。

根っからの夜型人間だったのに、齢30にして初めて朝型生活に。笑

そのことを受けて内側の変化も起こりました。

 

それまで割合だらだらと気が向いたときに制作していたのが、毎日コツコツ作業するようになり

制作スピードが倍速に。 子供を保育園に預けて働く以上、恥ずかしくないと思える仕事をしたいと思いました。

世の中のワーキングマザーが直面する問題も一通り体験し、自分だけでなく、これから結婚、出産を

しながら制作をしていく若い作家たちの為に、自分ができることはなんだろうと考えるようになりました。

 

これについてはまだまだ私自身の立場はそこまでにはなく、とりあえず

「良い絵を描いて、発表していく」ことを続けていくことが一番の説得力であると思いますので、

皆様に絵と名前を覚えていただく努力を、引き続きしていきたいと思います。

 

そんな訳から直近の顔写真を貼ってみます。

私、本当に写真が苦手なのですが、プロフィール写真があまりに古いので

仲の良い日本画家、岡村智晴さんが即興で撮ってくださいました。 

若干疲れた感じですが(笑)、私らしい写真でとっても気に入っております。私が熱心に岡村さんの奥様としゃべっているところを

無言で撮り続けてくださいました。ありがとうございました。

 

絵描きができること、困っている人たちを直接助けることはなかなかできませんが、

とにかく一生懸命仕事する。目標を持って毎日を充実して過ごす。週末は子供と遊ぶ。

これをお腹に据えて行動していきたいと思います。

 

最後になりますが写真を撮ってくださった岡村智晴さんのホームページも御紹介させていただきます。

日々革新、すごいスピードで時代を駆け抜ける新進気鋭のアーティストさんです。是非ご注目ください。

◎日本画家 岡村智晴ホームページ  ⇐クリック!

 

ではではみなさま、素敵な秋をお過ごしください♪♪